西洋芝と日本芝、寒地芝と暖地芝の違い

西洋芝と暖地芝と言う分け方で良いのか?

私が芝生について勉強し始めた頃、西洋芝と日本芝は何となく分かったのですが、そこに暖地芝と寒地芝と言う分類が来た時に、頭が混乱してしまいました。今一度この辺を整理してみようと思います。

芝生は暖地芝と寒地芝の分類から

芝生はまず、暖地芝と寒地芝に分類されます。日本芝か西洋芝かは、その次です。

暖地芝 夏に強く冬に茶色になる種類
寒地芝 夏に弱いが一年中緑を維持できる種類

暖地芝の活動温度は24度から35度で、関東以西の酷暑にも十分たえることができます。逆に寒地芝は活動温度が10度から24度と、北欧や日本では北海道などでなじみのある芝生です。最初に芝生を始めるときは暖地芝からと良く言われるのは、暖地芝の生育温度が、日本の気候をカバーしているので枯れにくいからと言う事なんですね。

暖地芝には2種類の芝生がある

日本の気候にマッチし、かつ、育てるのが比較的簡単な暖地芝は、基本的に日本芝と言っても良いでしょう。代表的な品種は、ノシバ、コウライシバ、姫高麗芝、TM9などが代表的な品種です。これらは初心者向きで、比較的ざっくりとした管理である程度の芝庭を実現できます。

送料無料/ 芝生 暖地型 省管理型高麗芝/TM9(ティーエムナイン)(張り芝用) プレミアム苗 鳥取産 2平米(0.6坪分) 天然芝 園芸

 

例外が一つあります。それは、バミューダグラス系です。これは西洋芝でありながら、暖地芝ですので、冬は茶色く変色して休眠期に入ります。西洋芝=一年中緑と思ってしまうと、痛い目にあってしまう品種です。

寒地芝=ほとんどの西洋芝が対象

バミューダグラス系以外の西洋芝は、全て寒地芝です。日本では東北地方や北海道で人気のある品種で、関東以西で育てるのは、適正温度が低い事から非常に難しいと言われています。

寒地芝、暖地芝、日本芝、西洋芝を図にしてみた

言葉で言ってもなかなか難しいと思いますので、簡単な図にしてみました。これなら簡単にお分かりいただけるのではないでしょうか?

西洋芝の魅力

西洋芝は何と言ってもその美しい緑です。ゴルフ場のグリーンやサッカー場で使われていることからも、その魅力はご理解いただけるかともいます。美しい緑を一年中維持してくれる西洋芝ですが、日本の夏は高温のため、非常に高度な芝生管理が要求されてきました。ゴルフ場のグリーンキーパーも、神経を尖らせて毎日注意深く芝生の管理をされている事と思います。

私は最初は姫高麗芝を植えておりましたが、素人でもある程度のレベルまで持って行く事が出来ました。そんな状況が2年くらい続き、芝生管理が私の趣味になった頃、冬の休眠期に何もする事がなくなってしまうことに物足りなさを感じてしまったのです。そこで、関東でも一年中緑を実現させるための西洋芝管理を勉強し、今に至っています。

「関東で西洋芝」見つけた突破口

芝生産業が一番盛んな国は、アメリカです。家庭に芝生が基本層部と言う事もありますが、毎年全米のグリーンキーパーや研究者が活発に意見交換し、市場として非常に成長しています。そんなアメリカでは、活発な芝生の品種改良が行われています。西洋芝の魅力を知っている彼らは、夏場に強い西洋芝を求めて、毎年たくさんの新種を世に送り出していることは、自然の流れと言ってよいでしょう。

それらの新種は、ニューベントと呼ばれ、007やTYEE等と言った品種が代表例です。その辺りの情報に触れた時に、関東でも西洋芝が栽培できるのではないかと思い、私は迷わず土を入れ替えて西洋芝に切り替えました。今、一番夏に強い品種と言われているのが、シャークと言う品種です。

超高級芝生 耐暑性最大 ベント新品種シャーク2平米(約0.6坪分)

私の芝庭はTyeeです。私の記事はTyeeの管理日記でもありますので。興味のある方はご参考になさってください。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村