芝生の水やりに関係する土壌三相とは

土壌三相ってなに?

芝生を管理していても、なかなか土壌三相を考えて芝生管理をしている人は少ないでしょう。土壌三相とは、土の中の土、水、空気の割合です。ゴルフ場のグリーンキーパーの最新のデータでは、水分量は25%から10%で管理し、固く球足の速いグリーンにするには、10%強で維持するのが良いと言われています。
水のあげ方は、10%前後になったら、25%まで一気に散水し、その後は10%になるまで水をあげない。

勉強すればするほど奥深い芝生への水やりですが、今日は水やりの量の根拠となる三相分布についてです。

理想的な土壌三相分布

通常作物では 土40%、水と空気が30%ずつというのが常識ですが、芝生、特に寒地芝のゴルフ場のグリーン管理では、土50%、水と空気がそれぞれ25%ずつが良いとされています。25%以上の水は吸収する事は出来るそうですが、25%以上の水分が土にあっても、土の下の層に落ちてしまったり、狭い隙間に入ってしまったりで、芝生が吸収できないんだそうです。
「芝生 夏越えの水やり」でも述べましたが、水分は日光の熱をゆっくり吸収して温度を上昇させ、時間をかけて温度が下がっていくので、夏場に大量の水を毎日あげてしまうと、夜間になっても水分の熱がなかなか下がらず、夏超えに失敗してしまう可能性が高いのだとか。

水やりも三相分布を意識して行うと、必要な量も理論的に導きだせそうですね。

土壌三相分布を調べてみよう

芝生の水やりと三相分布の知識を最大現活用する為には、まずは自分の芝生の土の三相分布を把握する事でしょう。

ちなみに説明が遅くなりましたが、土壌三相では、水分を液相、空気を気相、土を固相と言います。

芝生の床土、三相分布の確認方法

  1. 100mlの土を採取 重さを量る A
  2. 直火にかけずに30分くらいかけてフライパンで熱する(アルミホイルを敷いてから熱してください)
  3. 乾燥した土の重さを量る。   B
  4. A-B が、水分量 液相。%   C
  5. B÷2.65※ 固相 %     D
  6. 100%ー(C+D)=気相 %

※2.65は円周率のπみたいな数値

気相が少なければ、成長著しい時期にエアレーションを多くする等の対策が必要ですが、何度も行う必要もないと思います。

問題は水分量です。芝生に最適な土壌水分量が25%と言うゴールが分かっている訳ですから、現状の水分量が分かれば、どのくらい芝生に水をまいたら良いのかが分かる訳で、これは芝生の水やりの量を理論的に把握するという意味では把握しておきたいところ。毎回水やり時にフライパンを出して土をあぶっていたら、「変なやつ」呼ばわりされかねません。奥様にとっても、離婚問題レベルです。と言う訳で、土壌水分計の購入に至った訳です。今まで5000円以下の土壌水分計を2つ購入しましたが、まぁ、簡単に壊れます。そして何より致命的なのは、安い水分計に、%表示してくれる水分計が無いと言う事です。

私はメーカーに用途を伝え、これなら大丈夫とお墨付きをもらった商品を、3台目の土壌水分計として購入する事になりました。

西洋芝を管理されている方、西洋芝の夏越えに戦々恐々としている方、関東以西で西洋芝を管理されている方は、夏を安全に超える為に、このくらいの投資は必要なのかもしれませんね。

created by Rinker
¥26,784 (2019/07/24 15:19:39時点 楽天市場調べ-詳細)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村